鉄のフライパンを長く使い続けるためのお手入れ方法

長持ちしないフライパンよりは、長く使い続けたい

様々な料理に大活躍の鉄のフライパン

大きいサイズのフライパン?

大きいサイズのフライパン、と聞いてどんなフライパンが想像できますか?
皆さんがクレープ屋さんで見かけたことのある、クレープ生地を焼いている大きなものもフライパンの一種です。最近ではご家庭でもクレープを作られる方がいると思います。クレープやガレットなども上手に薄く作りやすくなっているフライパンがあります。またスペイン料理に欠かせないパエリアのフライパンも大きいサイズのイメージがあります。大きいもので70センチのものまであるのだそうですが、それ以上に大きいものもあるかもしれません。
家庭用サイズで、炊きこぼれしないよう日本のお米に合わせたパエリア用のフライパンもあるため本格的なパエリアのおこげなどを味わえるのではないでしょうか。

小さいサイズのフライパン?

小さいサイズのフライパンはよく見かけるものでは、ソテーパンとも呼ばれています。レストランの料理人の方々が使ってる小さなフライパンの事です。
主にお魚やお肉を焼く際に表面はカリッと内側はふわふわに仕上がるように使われています。お野菜を焼く際には、フライパンが余分な水分を蒸発してくれるため、シャキシャキに料理が仕上がるのだそうです。
パンケーキやオムレット、ハンバーグなど小さなフライパンでも様々な料理に使われています。
小さく使い勝手が良いため、ちょっとした焼き料理や、朝食料理などにご家庭でも幅広く使われるようになっています。
また、小さくオシャレな作りのフライパンはオーブンを使った料理などにも使えるため、そのまま食卓に出せ、見た目にこだわってお料理される方にはおススメです。


このコラムをシェアする